アドバンテージ・セレクトPG 通貨指定型個人年金保険(米国ドル建・ユーロ建・豪ドル建・円建)

アドバンテージ・セレクトPG

通貨指定型個人年金保険(米国ドル建・ユーロ建・豪ドル建・円建)(無配当)

セカンドライフの資金計画をお考えの方に、ぜひおすすめしたいのが「個人年金保険」です。

年金原資は一時払保険料を上回ります。

  • 据置期間満了後は、一時払保険料を上回る年金原資をもとに年金を受け取れます。

外貨建による資産形成を行います。

  • お預かりした資金を外貨建で運用することで為替差益を期待することも可能です。

目的に応じてタイプを選べます。

ベーシックタイプ

※ベーシックタイプとは、円建年金移行特約が付加されていないお取扱いになります。

大切な資産をライフプランにあわせて運用したい方に。
(据置期間*1:2年、3年、5年、6年、7年、10年)

  • ご契約時に年金原資額(指定通貨*2建)が確定します。
  • 据置期間*1は最短2年から、ご選択が可能です。
  • 受取方法もライフプランにあわせて選べます。

*1指定通貨が円の場合、据置期間は5年、6年、7年、10年よりお選びいただきます。
*2保険契約締結の際、契約者が指定した通貨のことをいいます。

ターゲットタイプ

※ターゲットタイプとは、円建年金移行特約が付加されているお取扱いになります。

運用成果を「円」で確保するために「目標額」を設定したい方に。
(据置期間:5年、6年、7年、10年)

  • 「円」で目標額を設定します( 110%〜150%*3)。
  • ふやした資産を「円」でしっかり確保、以後、円建の運用に切りかわります。
  • 目標額に到達しなかった場合でも、ご契約時に確定している年金原資額(指定通貨*4建)を確保できます。

*3目標額は、ぴたっと円入金を適用する場合、お払込みいただく保険料を基準として、また適用しない場合は、保険料をPGF生命が受領した日(着金日)の所定の為替レート(保険料円入金特約用の為替レート)を用いて、基本保険金額(円換算額)を基準として、それぞれ110%〜150%の範囲となるよう10万円単位で設定いただきます。また目標額の到達前であれば、所定の範囲内で変更することが可能です(くわしくはPGF生命コールセンター(0120-56-2269)までお問い合わせください)。 なお、保険料をPGF生命が受領した日(着金日) が、PGF生命が指標として指定する銀行の休業日の場合は、その日の直後のその銀行の営業日となります。

*4保険契約締結の際、契約者が指定した通貨のことをいいます。

必ずご確認いただきたい事項

為替リスクについて

この保険は指定通貨が外貨の場合に、円や指定通貨と異なる外貨でお払込みいただく場合、または円でお受取りいただく場合やお申込時の指定通貨とお受取時の通貨が異なる場合等、為替相場の変動による影響を受けます。したがいまして、年金(総額)等をお払込みいただいた通貨で換算した場合の金額がお払込みいただいた一時払保険料相当額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

指定通貨が外貨で死亡時円建支払額最低保証特約を付加する場合には、据置期間中の死亡保険金額について一時払保険料相当額(円換算)を最低保証いたします。

  • この保険にかかる為替リスクは契約者および受取人に帰属します
  • 為替相場の変動がなかった場合でも、為替手数料分(TTSとTTBの差額)のご負担が生じるため、年金(総額)等をお払込みいただいた通貨で換算した場合の金額がお払込みいただいた一時払保険料相当額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • クーリング・オフ等により、PGF生命が外貨で保険料を返金した場合、返金された外貨を円に換算したときに為替差損が生じる可能性があります。

市場金利に応じて解約返戻金が増減することについて

この保険は運用資産(債券等)の価値の変化を解約返戻金に反映させるため、市場金利に連動した市場価格調整を行い、解約返戻金は増減することがあります(解約時の積立利率がご契約時と比較して上昇した場合には、解約返戻金は減少することがあります)。また、据置期間中に解約する場合は、解約控除がかかるため、解約返戻金額は一時払保険料相当額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

ご契約にかかる費用について

ご契約にかかる費用の合計額は積立利率の計算の際に用いる「保険関係費用」と各種お取扱い、お受取りの際にご負担いただく費用となります。

積立利率について
お払込みいただいた一時払保険料は、積立金として投入され、契約日に適用された積立利率で運用します。積立利率は、保険関係費用を差し引いた利率となります。保険関係費用とは、災害死亡保障費率や保険契約の締結・維持に必要な費用としてそれぞれ新契約費率および維持費率、死亡時円建支払額最低保証特約を付加した場合には、死亡時円建支払額最低保証費率(積立金額に対して指定通貨が米ドルの場合年率0.17%、ユーロの場合年率0.21%、豪ドルの場合年率0.35%)を加えたものをいいます。

外貨のお取扱いによりご負担いただく費用

【保険料を円でお払込みいただく場合、年金・保険金等を円でお受取りいただく場合、および据置期間付円建年金へ移行した場合の費用】
「保険料円入金特約」を付加して保険料を円でお払込みいただく場合、「円支払特約」を付加して年金・保険金等を円でお受取りいただく場合、および「円建年金移行特約」を付加して据置期間付円建年金へ移行した場合のそれぞれの為替レートと仲値(TTM)*1との差額は、為替手数料として通貨交換時にご負担いただきます。
通貨 保険料円入金特約用の為替レート 円支払特約用の為替レート/円建年金
移行特約の目標額到達用の為替レート
米ドル TTM +50銭 TTM -1銭
ユーロ TTM +50銭 TTM -2銭
豪ドル TTM +50銭 TTM -3銭

(平成29年4月現在)

【保険料を指定通貨と異なる外貨(米ドル)でお払込みいただく場合の費用】
「保険料外貨入金特約」を付加して保険料を指定通貨と異なる外貨でお払込みいただく場合、お払込みいただく外貨(米ドル)をそれぞれの指定通貨に対応するPGF生命所定の為替レートを用いて、それぞれの指定通貨建に変更しますので費用が発生します。なお、所定の為替レートの計算に用いる、お払込みいただく外貨(米ドル)の仲値(TTM)*1との差額および指定通貨の仲値(TTM)*1との差額は為替手数料として通貨交換時にそれぞれご負担いただきます。
通貨 保険料外貨入金特約用の為替レート
ユーロ・豪ドル 指定通貨(ユーロまたは豪ドル)のTTM+50銭÷お払込みいただく外貨(米ドル)のTTM-50銭

(平成29年4月現在)

*1仲値(TTM)は、PGF生命が指標として指定する銀行が公示する値となります。

【年金・保険金等を外貨でお受取りいただく場合の費用】
お取扱いの金融機関により諸手数料(リフティングチャージ等)が必要な場合があります(金融機関ごとに諸手数料は異なるため一律に記載することができません。くわしくは取扱金融機関にご確認ください)。
外貨でのお支払いにかかる手数料(PGF生命から契約者または受取人の口座に送金するための送金手数料)をお支払額より差し引くことがあります(送金先金融機関により、手数料は異なるため一律に記載することができません。お受取時にPGF生命にご確認ください)。
【クーリング・オフ等で保険料を外貨でお受取りいただく場合の費用】
お取扱いの金融機関により諸手数料(リフティングチャージ等)が必要な場合があります(金融機関ごとに諸手数料が異なるため、一律に記載することができません。くわしくは取扱金融機関にご確認ください)。
【据置期間を再設定するときに通貨を変更される場合の費用】
据置期間を再設定するときに再設定前の通貨と再設定後の通貨を変更される場合には、PGF生命所定の為替レート*2を用いて再設定後の通貨により基本保険金額を変更しますので、費用が発生いたします。なお、この費用の額は、再設定時にPGF生命が使用する各通貨を換算するレートの変動により変わることがあるため、一律に記載することができません。

*2PGF生命所定の為替レートは、PGF生命が指標として指定する金融機関が公示する、再設定日における、次の式により得られるレートを下回ることはありません。(再設定日における再指定前の通貨のTTB(対顧客電信買相場)÷再設定日における再指定後の通貨のTTS(対顧客電信売相場))

年金、遺族年金支払期間中にご負担いただく費用

年金開始日以後、受取年金額に対して1.0%(平成29年4月現在)を年金支払日に積立金額より控除します。

解約(減額)の際にご負担いただく費用

解約(減額)する積立金に対し、据置期間に応じて所定の解約控除率を乗じた金額を解約 (減額)の際にご負担いただきます(所定の解約控除率についてはこちらをご覧ください)。