若手が活躍できる土壌がある、“自由”な社風

商品数理チーム
スタッフ
山下 和彦
2015年入社

生命保険にまつわる
さまざまな数字をはじき出す仕事、それが「数理」

2015年に当社の数理部門のスタッフとして入社して、3年目になります。大学では、数学を専攻しており、確率・統計を学んでいました。新卒採用で他の生命保険会社に入社しましたが、アクチュアリーを目指すうえで、さらなるステップアップを図るため転職を決意しました。その際、“銀行窓販”という新しいビジネスモデルに興味があったため、転職先として当社を選びました。

数理業務とは、簡単に言えば会社の損益を計算したり、保険料を設定したり、保有契約の収益性を検証したり、お客さまに支払う解約返戻金を計算したりと、生命保険にまつわるさまざまな数字をはじき出す仕事です。日常的にはデスクワークがほとんどで、一日中数字と格闘しているうちに、気づけばその日が終わっていることもしばしばあります。

数理部門のメンバーは私のような理系出身者だけでなく文系出身者もいます。数学だけでなく、会計や経済を学んでいた方にもなじみの深い世界のようです。いずれにせよ、とことん数字と向き合う毎日ですので、“数字が好き”という人に向いている業務だと思います。

コミュニケーションが盛んで活気ある職場
先輩方からは学ぶことばかり

「数理部門は数字ばかり」というと、静まり返ったオフィスで、黙々と自分のPCに向かって作業しているような光景が思い浮かぶかもしれませんが、そうではありません。分からないことがあれば、気軽に先輩や同僚に質問できる雰囲気で、実際にコミュニケーションも活発です。また、プルデンシャル・グループ3社の数理部門間での交流も頻繁に行われています。

チームの先輩方にはそれぞれ尊敬する部分があり、目標にさせていただいています。作業が正確でスピード感のある先輩、社内外での交渉術、事前の根回しなどを含めた調整能力のある先輩など、まだまだ自分には足りない部分を持っている方が多く、いつも勉強させてもらっています。また、最新技術や海外の新商品動向などに大変詳しい先輩がいて、情報収集の方法を聞いたところ、勤務時間外にも勉強会や交流の場に積極的に参加しているとのことでした。私自身も、日常の業務だけに埋没することなく、幅広い知見を身に付けられるよう勉強しつづけていきたいと思っています。

英語力よりも、“数字に対するセンス”が大切
お客さまとも関わりが深い仕事

当社で働くにあたり、一番不安を感じていたのは、やはり英語でしょうか。外資系の会社に入ったからには、英語にまったく触れないわけにはいかないと覚悟していました。実際に、英語で書かれた文章やグラフを見た時は、外資系の会社だなぁと、日系企業との違いを実感しました。

しかし、実際に何度か英語の資料を作成して分かりましたが、数理用語や会計用語には英語のままで通用しているものも多く、日本語に訳さず使われていますので、英訳の際の負荷が少ないと感じました。また、英訳を外部に依頼することもありますので、実際に英語を使うことへの不安は、次第に薄まっていきました。

あくまで私の個人的な意見ですが、当社は、外資系企業ではありますが、それほど高い英語力がなくても大丈夫なのかなと思います。入社の際もTOEICの点数を書いたくらいで、とくに英語力は問われませんでした。私の担当業務においては、英語よりもやはり数字に対する情熱やセンスの方が重要なのかと思います。

数理業務の中で、例えば、「保険料」や「解約返戻金」の算出という業務があります。数理部門が直接お客さまに接する機会はほとんどありませんので、このようなお客さまにとって関わりが深い業務には、特に、責任感を持って取り組んでいます。生命保険は公共性が高く、お客さまお一人おひとりの人生を支えているという大きな手応えもあるため、お客さまに関わる数字を作ることには、深い情熱をもって取り組めるのではないでしょうか。

ボランティア活動に積極的に取り組む
若手もベテランも、ともに活躍できる社風

当社では毎年10月、社員全員が何らかのボランティア活動に参加するというユニークな試みがあります。そのくらい社会貢献活動への意識が高い社風で、私も入社してすぐに、ボランティア活動のお誘いを受けました。ボランティア自体にそれほど興味があったわけではありませんが、転職したばかりでしたので、人脈づくりのため参加しました。しかし、いざ参加してみると予想以上に面白く、以来、さまざまな活動に参加させてもらっています。

その中で印象的だったのは、難病の子どもたちに付き添う家族のための宿泊施設、「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を訪問したことです。宿泊者の方に提供するための食事作りや、子どもたちも交えた餅つきなどにも参加させてもらい、当社に入社していなければきっと経験しなかったであろう貴重な体験をさせてもらいました。

他にも、海岸やオフィス周辺のゴミ拾い、献血など、多様なボランティアに参加する機会が与えられています。このような活動を通じて、他部署の方とも交流ができ、社内コミュニケーションも活発になります。当社は人間関係が総じてフラットで、上下関係もとても緩やかに感じます。そのような社風のため、若手社員でも自分の考えを発信しやすく、若手の意見を受け入れてくれる体制が整っていると思います。私も役員クラスが出席する会議で資料の説明をすることがあり、適度な緊張感を持って業務に取り組めています。このように、若い社員もベテラン社員も分け隔てなく、皆が生き生きと働き、活躍できる土壌がある、PGF生命はそんな魅力あふれる会社です。